まれに炎症や皮膚トラブルが起こることも

施術後は炎症が起こることがある

医療レーザー脱毛とは、黒い色素に反応するレーザーを照射する脱毛方法です。レーザーを照射すると熱を発生させることができるので、熱の力で発毛組織を破壊できるというわけです。ムダ毛をきれいに処理することができますが、施術後には熱によって痛みや赤みなどの炎症の症状が起こることもあります。特に炎症は、毛が濃くてたくさん密集しているVIOや脇などに起こりやすいのが特徴です。毛が密集していることで、他の部位よりも熱が伝わりやすく皮膚がダメージを受けやすいということです。レーザー脱毛を行っている脱毛クリニックには、医療知識のある医師が在籍しています。そのため、炎症が起きればすぐに診察を受けることができるので安心ですよ。

毛嚢炎という皮膚トラブルも起こる

医療レーザー脱毛を受けた後は、毛嚢炎という皮膚トラブルが起こるリスクもあります。そもそも毛嚢炎とは、ニキビのようなものが集中して発生する症状のことです。毛嚢炎が生じる最大の原因は、レーザーの照射によって皮膚のバリア機能が低下するからです。皮膚に存在しているブドウ球菌がダメージを受けた毛包に侵入することで毛嚢炎を引き起こしてしまいます。特に皮脂腺が多く集まっているデリケートゾーン、背中や脇などの部位に発症することが多いのが特徴です。毛嚢炎というのは、基本的に発症からおよそ1週間で自然に沈静化していくことが多いです。ただ重症化した場合は、脱毛クリニックの医師がきちんと診察をしてくれるので安心ですよ。