医療レーザー脱毛の施術前後の日焼けは要注意

レーザー脱毛の施術前に日焼けはしない方がいい

夏に向けて、医療レーザー脱毛を受けてムダ毛処理をしようと考えている人は多いのではないでしょうか。実は、レーザー脱毛を受ける場合は施術前は日焼けをしないように注意する必要があります。その理由は、日焼けしてしまうと肌トラブルが生じてしまうからです。そもそも紫外線でダメージを受けた肌は、通常よりも乾燥しやすく炎症を起こしている状態です。そのため、レーザーを照射すると赤みや肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。また、レーザー脱毛というのは黒い色に反応するレーザーを照射してダメージを与えることで脱毛する仕組みです。しかし、日焼けで肌が黒くなっていると、ムダ毛だけではなく肌にもレーザーが反応することになります。その結果、ムダ毛をきれいに処理できなくなります。したがって、脱毛前は日焼けしないように気をつけましょう。

施術後も日焼けには気をつけよう

医療レーザー脱毛を受けた後も日焼けは厳禁です。その理由は、レーザーを照射したばかりの肌は熱の作用によって非常に敏感になっているからです。したがって、外出時に紫外線にまともに当たると肌が炎症を起こしやすくなります。また、肌を防御するためにメラニンの分泌が促進されるので、シミや色素沈着などのトラブルが生じやすいです。シミが一度発生してしまうと、簡単にきれいに除去することはできません。したがって、クリニックで施術を受けた後は忘れずに日焼け対策を行うことが大事です。たとえば、外出する際は日焼け止めを丁寧に塗布して紫外線から肌を守るようにしましょう。さらに、日傘や帽子などのアイテムを活用するのも良いでしょう。